近年性能が高まっているマイクロスコープ|最良の製品を見つけよう

数百倍の映像を確認できる

顕微鏡

製品素材をマクロレベルまで確認したい場合や医療現場など、マイクロスコープは様々な分野で使用されています。マイクロスコープは、パソコンやUSB対応カメラとセットで使用することで、リアルタイムに数百倍までの倍率で拡大映像を確認できます。

詳しく見る

研究

有効な環境汚染防止策とは

ハロゲン分析は、環境汚染をもたらす有害ガスの発生を最小限に食い止める有効な環境汚染防止策の一つで、ハロゲン分析サービス業者では、4つのハロゲン系元素の含有量を調査する上で、幾つかの料金パターンを設けて、顧客ニーズに応じた分析を行っています。

詳しく見る

女性

既存機器と似た性能を

マイクロスコープは顕微鏡よりも小さなものを見るときに使われる高機能なものです。高額でもあるので、使う目的と用途を明確にして選ぶと良いでしょう。既存品からの買い換えは特に注意が必要で、現場の声を聞いて取り入れる必要があります。

詳しく見る

試験管

未来のために

電子材料には難燃材としてハロゲン化合物が使われてきました。しかし近年は、ハロゲン化合物を燃焼させると、自然環境や人体に悪影響を及ぼす有害物質が発生することが分かりました。ハロゲン分析で物質中のハロゲン含有量を調べ、ハロゲンフリー化を求められるようになっています。

詳しく見る

研究

安定した検査結果を入手

世の中では、ハロゲン化合物の環境問題が取りざたされており、企業の存続のためのもしっかりとした処理手順を確立する必要があります。そして、間違いのない処理ができていることを証明するためには、正確なハロゲン分析をしておくことが必要になります。

詳しく見る

身近なものを拡大する

研究

手軽な顕微鏡

マイクロスコープとは、一般に顕微鏡のことを指します。顕微鏡は光学的な技術を用いることによって、微小な物体を視覚的に拡大して見ることのできる装置です。ただ、ITの世界でマイクロスコープというと、顕微鏡とは若干意味が違ってきます。物を大きく見せるという機能は同じですが、顕微鏡が微小体そのものをのぞき込むのに対して、マイクロスコープはパソコンやTVの画面の上に拡大画像を表示します。通常は、高画素のカラーカメラと照明、各倍率のレンズ、接続ケーブルを備えた一式を指します。微小体のサンプルを取り込む必要もなく、拡大したい物にカメラを向けることで、鮮明な拡大画像を見ることができます。このような装置の多くは、医療や地質学などの専門的分野で用いられています。しかし、最近では、スマホ用の小型マイクロスコープがお目見えしました。大掛かりな装置は必要なく、薄型のクリップ式で関単にスマホに取りつけられます。最新式の物では、倍率が400倍と言う、通常の顕微鏡にも匹敵するマイクロスコープのレンズが売り出されています。値段も1万数千円という手ごろなもので、売れ行きも伸びているといいます。この手のマイクロスコープには、被写体を明るく照らすライトが内蔵されています。自然観察会などでは、虫眼鏡では再現できない画像が見られると人気が高まっています。また、細かい模型作りをする人にとっても、画像が鮮明に見えると評判を呼んでいます。

Copyright© 2017 近年性能が高まっているマイクロスコープ|最良の製品を見つけよう All Rights Reserved.