更年期の不調を改善しよう│更年期は幸年期にチェンジ

medicine

目の疲れ改善

基礎知識と気を付けたい点

一般的に「疲れ目」と言われているのは、休憩によって回復する「眼疲労」のことを指し、休憩を取っても目の痛みや頭痛などの症状が残ることを医学的に「眼精疲労」と呼びます。 眼精疲労は、仕事や生活の変化でもない限り自然には治りません。また、背後に目や体の病気が隠れている可能性もありますので「ただの目の疲れ」などと軽く考えずに早めに診察を受けて、対策を立てることが大切です。 近年、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使する機会が多く、眼精疲労になる人も増加しています。また専門用語で、これらの画像情報端末(Visual Display Terminal)の英語の頭文字を取ってVDT症候群とかVDT作業と呼びます。VDT作業中は、まばたきの回数が極端に減ります。その為、涙が蒸発してドライアイになりやすくなります。ドライアイも眼精疲労の原因の一つです。現代の便利な生活は、目の酷使の上で成り立っていると言っても過言ではありません。

具体的な対策について

まず最初に大切なのは、眼精疲労の背後に病気が隠れていないか診察を受けることです。検査を受けて病気が見つかったらその治療をします。また、病気でなかったとしてもビタミンB 製剤(目の細胞の新陳代謝を促します)の点眼薬で、症状が改善されることもあります。 VDT作業をする時の注意点として、パソコンなどのモニターは見下ろす角度に設置し、椅子に深く腰掛け背筋を伸ばしましょう。こまめに休憩を取って目を休め、軽い体操をすることも大切です。そして、できるだけ十分な睡眠をとるように心がけましょう。 目を温めたり、冷やしたりすることも効果的です。血管を刺激して血液の循環を促進させることで、目や目周辺の筋肉の老廃物が取り去られてリフレッシュされます。ただし、目が炎症を起こしていたり充血している場合は、温めるより冷やした方が良いそうです。また、加湿器は室内の乾燥を防いでくれるのでドライアイ対策になります。 眼精疲労は、放っておくと健康面にも精神面にも悪影響が出てきますので、適切に対処していくことが現代人にとって非常に大切であると言えます。是非、意識されて生活されてみてはいかがでしょうか。