近年性能が高まっているマイクロスコープ|最良の製品を見つけよう

未来のために

試験管

有害物質を出さないために

まずは、ハロゲン化合物の危険性について確認しましょう。電子材料などのハロゲン化合物は、難燃剤として従来より樹脂材料をはじめ広く使用されてきました。しかし、ハロゲン化合物は燃焼時にダイオキシンなど有害な物質を発生させ、環境汚染や人体への悪影響の原因となります。近年は、ハロゲン含有量を極力減らす、ハロゲンフリー化が求められるようになっています。国際規格である国際電気標準会議(IEC)や電子回路工業協会(IPC)、国内では一般社団法人日本電子回路工業会(JPCA)で、塩素900ppm、臭素900ppm、塩素+臭素1500ppmとハロゲンフリーについての定義が存在します。ハロゲンフリーのためには、ハロゲン化合物中のハロゲン含有量を調べる必要があり、ハロゲン分析が有効とされています。ハロゲン分析とは、材料や廃棄物に含まれる、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素などのハロゲン元素の定量分析です。主な分析法は燃焼法で、生成した燃焼ガスを吸着液に吸収させハロゲン含有量を求めます。近年はハロゲンフリーを証明する分析の要求が増えています。そうしたハロゲン分析は、主に環境管理会社などに依頼できます。分析開始から結果速報まで最短3営業日ほどで行えます。1回の分析に必要な試料量は20mg〜50mgで5g程度用意すれば余裕をもって分析することができます。ハロゲン化合物による影響は環境汚染だけでなく、設備の劣化も懸念されており、世界的に代替品の移行が推進されているため、ハロゲン分析は企業にとって重要です。

Copyright© 2017 近年性能が高まっているマイクロスコープ|最良の製品を見つけよう All Rights Reserved.