耳のトラブル | 更年期の不調を改善しよう│更年期は幸年期にチェンジ

更年期の不調を改善しよう│更年期は幸年期にチェンジ

medicine

耳のトラブル

突発性難聴が疑われたら病院で検査を受けましょう

突如耳の聴こえが悪くなるのが突発性難聴の典型的な症状です。こういった症状が起きる前には、軽い耳鳴りやめまいなどを感じることもあります。突発性難聴は原因が特定出来ないため、耳鼻咽喉科などで様々な対症療法が行なわれることになるのです。突発性難聴で起こる症状は、時に他の病気の場合にも現れることがあります。例えば、聴神経腫瘍などの病気です。聴神経腫瘍の場合には多くの場合、徐々に聴こえが悪くなるとされていますが症状の認識には個人差があり、症状だけでは突発性難聴との区別が難しいこともあるのです。従って、難聴の症状が現れた場合には念のため頭部のCTやMRI検査などを受けておけば安心出来ます。病気を見逃さないためにも普段の心がけが大切になるのです。

新しいタイプの難聴が最近は増えているのです

難聴の1パターンとして最近増えているのが、低音障害型と呼ばれるタイプの難聴です。この難聴では突発性難聴のように急に症状が現れることが多く、耳鳴りや耳の塞がった感じが起こるのです。このタイプの難聴は、現在特に若い女性に増えているとされています。メニエール病との関連も指摘されており、ストレスや睡眠不足などが発症の要因として考えられているのです。突発性難聴の場合にも、原因にはこういった過労や睡眠不足が関わっているとされています。そのため、病気を予防するためには普段の生活に気を配ることがまずは大切になるのです。風邪などの感染症の後には特に突発性難聴になるリスクが高まるとされており、十分な体調管理必要なのです。